運営者情報

てんかん協会について 社団法人日本てんかん協会(別名:波の会)は、'73(昭48)に2つの病院の待合室でできた「小児てんかんの子どもをもつ親の会」と「てんかんの患者を守る会」が、'76(昭51)年10月に統合し、国際障害者年の'81(昭56)年に厚生大臣(当時)から許可され、社団法人になりました。

本協会は、てんかんに対する社会的理解の促進、てんかんに悩む人たちの社会援護活動、てんかん施策の充実をめざした調査研究や全国的な運動を展開しています。

詳しくはてんかん協会のHPをご覧ください。